痛風治療サプリメント

痛風にサプリメントがおすすめ!

 

痛風に漢方は効く?

 

漢方医学は、古くから親しまれてきた伝統医学です。そもそもは古代中国(漢)で始まったもので、それが日本に伝わり、日本独自の発展を遂げてきました。漢方医学には薬が用いられることもあり、その薬は「漢方薬」と呼ばれています。

 

漢方薬の原料は天然のものです。草根木皮などの植物性のもの、動物性や鉱物などがあります。西洋医学で使用される薬剤に比べると副作用が少ないのが、大きな利点です。

 

最近では、医療の現場においても、漢方薬には効果があると注目されることが増えました。漢方薬の使用を治療の際に取り入れる医師も増加しています。

 

この漢方薬は、痛風に対しては効果があるのでしょうか?痛風の原因は高尿酸血症です。過剰にプリン体を摂取するといったことを要因として高尿酸血症になると、関節やその周囲に尿酸が蓄積し、結晶化します。すると、関節炎が起こり、それが激痛となります。これが痛風です。

 

西洋医学における痛風の治療は、薬剤の使用が中心となります。尿酸値を低下させる、痛風発作の痛みを抑える、といったことが薬剤を用いて行われます。漢方医学における痛風の治療では、漢方薬が用いられます。漢方医学の考え方によると、病気の原因は3つに分けられます。「?血(血毒)」、「食毒」、「水毒」です。痛風はこのうち「食毒」によって引き起こされる病気とされています。そのため、使用される漢方薬は、食毒に効果のあるものです。

 

食毒に効果があるとされる漢方薬も多くの種類があります。特に痛風に効果があるとされるものは、以下です。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

高血圧気味、腹部の皮下脂肪が多い、便秘がち、といった状態の方に適しているとされます。服用によって改善が期待される症状は、動悸、肩こり、のぼせ、便秘、尿量減少、肥満、むくみなどです。痛風治療に用いられることが最近は増えています。

 

大柴胡湯(だいさいことう)

 

高血圧気味、便秘がち、といった状態の方に適しているとされます。服用によって改善が期待される症状は、肝臓や胆のう、胃腸の病気、便秘や痔、肥満の解消などです。また、痛風発作の際の関節痛に対しては、以下のような漢方薬が使用されます。

 

越婢加朮湯(えっぴがじゅつとう)

 

尿量が減少している方に適しているとされます。痛風や関節リウマチなどに対応して使用されます。体の熱、腫れ、痛みなどを発散させる効果が期待できます。

 

苡仁湯(よくいにんとう)

 

冷え性やむくみがちの方に適しているとされます。尿量を増やし、余分な水分を排出することを助けるといわれています。関節や筋肉の痛みの緩和が期待できます。

 

一般的に漢方薬は副作用が少ないとされています。しかし、自己判断は危険です。痛風の治療を目的として服用を考えている方は、まずは主治医によく相談してみましょう。

 

痛風の症状にボルタレンが効く?

 

あるとき突然に、痛風発作は起こります。この発作は自然に数日で治まり、痛みはなくなります。しかし、痛みが消えたからと言って、痛風自体が改善したわけではありません。そのため、再び発作が起こる可能性はいつでもあります。また、痛風の治療を怠り、そのまま放っておくと痛風発作も悪化します。発作の間隔が短くなる、一階の発作が長い時間に及ぶといったこよになります。

 

痛風発作に対する基本的な治療は薬剤投与となります。その際には、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)かステロイドが使用されます。他に、コルヒチンを処方される場合もあります。しかし、コルヒチンの効果は、発作の前兆が起こった時に服用するとことで、痛風発作を抑えることにあります。発作が起こってしまった場合の痛み止めとしては使えません。

 

NSAIDとステロイドについて、もう少し詳しく見てみましょう。多くのケースでは、NSAIDの使用が第一の選択となります。NSAIDの鎮痛効果はステロイドよりも低いです。しかし、メリットとして副作用が少ないという点があげられます。

 

ロキソニンやボルタレンといった薬剤が、このNSAIDの代表的なものです。一般的に、痛みが強い場合に処方されるのはボルタレンとなります。ボルタレンには様々な形態があります。錠剤や座薬、貼り薬、ローションなどです。また、ボルタレンの主成分はジクロフェナクという成分ですが、その含有量も数種類あり、その中から適したものを選ぶことが可能です。

 

たとえば、ボルタレン座薬はより強い効き目があるとされており、痛風発作の痛みが強い場合、高い鎮痛効果を期待して使用されます。また、痛風発作の場所によって種類を変えることもあります。貼り薬やローションタイプなどは手軽に使えるという特徴があります。

 

NSAIDであるボルタレンには、ステロイドのような重い副作用はないとされています。しかし、当然ながらまったく副作用がないわけではありません。可能性のある副作用としては、胃部不快感や食欲不振、嘔吐などの消化器症状や浮腫、めまい、発疹などがあげられます。気になる場合はサプリがやはりおすすめでしょう。参照:痛風サプリメント

 

特に、消化性潰瘍や血液障害、喘息、肝臓や腎臓、心臓などに基礎疾患を持っている方は注してください。副作用が出やすく、基礎疾患を悪化させるといった傾向が見られます。医師と相談の上、用法・容量を守って使用しましょう。

 

また、痛みが激しいからと自己判断で使用量を増やしたり、長期間使い続けたりするのは禁物です。医師から指示された用法・用量を守らずにそういった使用を続けていると、体に耐性ができてしまいます。結果、ボルタレンが次回から効きにくくい状態となってしまいます。医師の指示を必ず守り、正しい薬剤の使用を心がけてください。

怪しい水素サプリの見極め方を伝授

水素サプリに含まれている水素とは、分子状態の水素(H2)のことで、この水素が体内の悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルと結合し、無害な水に変化します。ですが現在市販されている水素サプリや水素サプリなどの「水素商品」と呼ばれる物には、分子状水素が入っていない物もあるのです。まずは水素サプリについて正しい知識を身につけましょう。

 

参考:水素サプリランキング@効果と副作用は?

 

水素は分子が非常に小さく、容器から抜けてしまい濃度に影響を及ぼす事があります。酷い物になると水素サプリとは言えないほどの濃度になってしまうことも有り得るので、購入の際は注意が必要です。ペットボトルの場合水素分子のほうが小さいため、水素が抜けやすくなってしまいます。そういう点ではアルミパウチが比較的抜けづらいので、高濃度の状態を保つことができるでしょう。

 

大きく水素サプリとくくられていても、個々の商品によって含まれている水素の量は全く違います。まず購入前にきちんと水素濃度をデータ開示しているか確認しましょう。水素濃度の目安は0.8〜1.0ppmあれば効果が期待できると言われています。この数値より濃度が高くても効果にそれ程の変化はありませんから、濃度と金額などを見て、自分で購入できる範囲を決めるようにしましょう。

 

水素サプリの効果については使用後に体感を伴うことが多くあるので、長年水素サプリを作り続けているメーカーで、顧客がある一定数定着している商品であれば、判断基準としてクリアしても良いかと思われます。

 

最後に水素サプリですが、これは現在専門家によって調査が行われている最中です。過去の調査ではありますが、カプセル1つで市販の水素サプリ一滴にも満たない水素しか含まれていないという製品もあったようですが、もちろん大量の水素を発生するものも存在します。

 

水素は全くの無色で、無味無臭な物質です。ですからほとんど水素を含まない商品も数多くあり、そういう商品を手にしても私達には見分けが付きません。上記のような見分け方を参考にして、高濃度の水素サプリを選び毎日に取り入れて下さい。

更新履歴